syamuさん学習性無気力説

ホーム フォーラム syamu総合 syamuさん学習性無気力説

このトピックには6件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 週、 1 日前に  匿名 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #6013 返信

    匿名

    長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象である。他の訳語に学習性絶望感[2]、獲得された無力感[3]、学習性無気力[4]がある。

    なぜ罰されるのか分からない(つまり非随伴的な)刺激が与えられる環境によって、「何をやっても無駄だ」という認知を形成した場合に、学習に基づく無力感が生じ、それはうつ病に類似した症状を呈する[5]。1967年にマーティン・セリグマンらのオペラント条件づけによる動物実験での観察に基づいて提唱され[5]、1980年代にはうつ病の無力感モデルを形成した[6]。

    長期に渡り、人が監禁されたり、暴力を振るわれたり、自分の尊厳や価値がふみにじられる(主として、いじめやモラルハラスメントに代表される人格否定)場面に置かれた場合、次のような徴候が現れるという。

    被験者は、その圧倒的に不愉快なストレスが加えられる状況から、自ら積極的に抜け出そうとする努力をしなくなる。
    実際のところ、すこしばかりの努力をすれば、その状況から抜け出すのに成功する可能性があったとしても、努力すれば成功するかもしれないという事すら考えられなくなる(言い換えると、長年受けた仕打ちによる反動で、どんな可能性さえも「無駄な努力」と断じ、自発的行動を全くしなくなる)。
    ストレスが加えられる状況、又ストレッサーに対して何も出来ない、何も功を奏しない、苦痛、ストレス、ストレッサーから逃れられないという状況の中で、情緒的に混乱をきたす。

  • #6018 返信

    ハマジュン

    悲しすぎる

  • #6021 返信

    匿名

  • #6025 返信

    業人

    これの例えで「実家暮らしの30代男に過干渉の母親」というのがある。

    https://grapee.jp/361643

    飼い○しに甘え、自主性を失ったこどおじの末路。

  • #6029 返信

    業人

    syamuさん対ゆたぼんの学力勝負見たい。

    圧倒的にsyamuさんが勝って、自信を取り戻すもよし。
    互角レベルで両者焦り出すもよし。

  • #6030 返信

    匿名

    おーぷんにもスレあったな

  • #6034 返信

    匿名

    普通いありえる…ウリエル

返信先: syamuさん学習性無気力説
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

更新日:

Copyright© syamu掲示板 , 2019 All Rights Reserved.